道祖神、サイノカミ

鳥取県西部の習俗と石造物

所長

鳥取県西部には、西日本に限って言えば意味がわからないほどに突出して多くの双体道祖神があります。

このシリーズは、道祖神に限らず祠や才ノ木、はたまた立石から自然石まで、いわゆる塞ノ神妻ノ神幸ノ神などと呼ばれる民間信仰の依り代をとにかく楽に、そして迷うことなく巡礼するため、googleマップとゴリゴリに連動して位置情報やその他の情報をまとめたものです。
これから探索なさる方、また巡礼中の方にも、サイドツールとしてお役に立ちましたら幸いです。

まずは地図ドン!

鳥取県西部の道祖神(サイノカミ)

今のところ調査範囲は米子市内にとどまっていますが、そのうち範囲を広げて鳥取県西部全域をカバーする心づもりです。

参考資料として、

塞神考/森納(1991)
石に刻まれた祈り2/山陰歴史館(2018)
淀江町誌/淀江町誌編纂委員会(1985)
淀江みちくさ手帖/白鳳の里(2014)
鳥取県神社誌/鳥取県神職会(1935)

などを使わせていただき、稀に地元の方からの聞き取りや自力での発見も含まれる詳細を、個々のページにて解説する流れとなります。

ぽんきちくん

今回の調査対象は、村や峠の境界を守ったり子供の成長を見守ったり、結婚の世話をしたり足や耳の病気平癒を願ったりと、とにかくいろいろな願いがごった煮になったような民間信仰です。

妻ノ神や塞ノ神みたいに表意的な漢字を当てちゃうと、これだけ混淆が進んでしまった今となっては呼び名として適当じゃないような気がします。
あと、全国的には道祖神の方が通りが良いんですけど、このへんではあんまし道祖神って言わないので、以下大雑把にサイノカミっていうふうに総称します。
OK?

鳥取県西部の道祖神、サイノカミ

注.行事の有無などについては最新訪問日を基準にメモしています。
現状とは異なる可能性がありますので悪しからず。

もくじ.

特集.賽の河原         

地域別一覧

 米子市日野川西        
 米子市日野川東        
 米子市淀江町         

似ている図案を探してみよう

 猫背型            
 烏帽子型           
 おだんごタイプ        
 猿田彦タイプ         
 杖タイプ           
 淀江タイプ          
 岡成タイプ          
 墓下タイプ          

特集.賽の河原

霊峰大山の登山口近く。
大山で最古の近代砂防と言われる金門狭堰堤があります。
また、その付近は賽の河原といわれる古くからの霊場であり、今でも多くの積み石が見られます。
そんな金門狭を見てきました。
写真多め。

米子市日野川西

日野川を境として西側の米子市は、双体道祖神が比較的少ないという印象がありますが、広義でのサイノカミはそれなりにあります。
特に米子レイラインや宗像土手など、水害の歴史と強く関係するような痕跡が、塞神をはじめとした霊的な対策とセットになっている事があると感じました。
それでは以下、日野川西岸のサイノカミをどうぞ。

鳥取県西部のサイノカミ 皆生八代荒神社の自然石

皆生八代荒神社自然石

くちなわさんの行事が凄いのだ。

鳥取県西部のサイノカミ 上安曇堂横の双体道祖神

上安曇堂横双体道祖神×3

令和4年、双体道祖神が増加…
どこから来たんだ!?

鳥取県西部のサイノカミ 宗像土手 公民館裏山の双体道祖神

宗像土手双体道祖神

如何にも境界神らしいサイノカミ。
土手の歴史にも着目。

全部見る ▼
鳥取県西部のサイノカミ 下安曇阿弥陀堂の幸神

安曇
下安曇阿弥陀堂裏の幸神

鳥取県西部のサイノカミ 宗形神社近く 道端の双体道祖神

宗像
宗形神社そば道端の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 福市 四区薬師堂そばの双体道祖神と自然石

福市
四区薬師堂そばの双体道祖神自然石

鳥取県西部のサイノカミ 西福原神社の自然石

西福原
西福原神社の自然石

鳥取県西部のサイノカミ 別所稲荷神社前の幸神

別所
稲荷神社前の幸神

鳥取県西部のサイノカミ 兼久 高良神社の双体道祖神

兼久
高良神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 橋本 阿陀萱神社の幸神

橋本
阿陀萱神社の幸神

鳥取県西部のサイノカミ 新山 砥石池の双体道祖神

新山
砥石池の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 諏訪の自然石

諏訪
諏訪神社の自然石

鳥取県西部のサイノカミ 飯山登り口の石祠

久米
飯山の石祠
米子城の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 福市六区集会所前の双体道祖神

福市
六区集会所前の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 陰田 犬田神社の幸神

陰田
犬田神社の幸神

鳥取県西部のサイノカミ 陰田 日御碕神社の椿

陰田
日御碕神社の椿

鳥取県西部のサイノカミ 陰田 廣田神社のの裏白樫

陰田
廣田神社の裏白樫

鳥取県西部のサイノカミ 榎原 實久神社の石祠

榎原
實久神社の石祠

鳥取県西部のサイノカミ 米原神社の双体道祖神

米原
米原神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 上福原神社の自然石

上福原
上福原神社の自然石

鳥取県西部のサイノカミ 目久美神社の御祭神

目久美
足尾山の足尾さん

鳥取県西部のサイノカミ 青木神社のタブの木

青木
青木神社のタブの木

鳥取県西部のサイノカミ 大袋の双体道祖神

大袋
バス停そばの双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 青木神社のタブの木

永江
木野山さんの双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 榎原 實久神社の石祠

茶屋
木野山神社の

鳥取県西部のサイノカミ 八幡 巨勢神社の双体道祖神

八幡
巨勢神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 両三柳 博愛病院前の石祠

両三柳
博愛病院前の石祠

鳥取県西部のサイノカミ 夜見 大水落の大松

夜見
大水落の大松

旗ヶ崎の天狗松

奈喜良の二本松

米子市日野川東

サイノカミの分布を捉えるうえで、米子市という行政単位を、日野川でわざわざ線引きする必要があるのか?
わずかに迷った時期もありましたが、たぶん意味はあります。
不思議なのは、川の位置が何度も変わるほどの災害を経て来た日野川東岸で、サイノカミの分布がそれに関連しているように見えない点です。
文字通り天変地異だった筈なのですが。
何にせよ、大山が近いからなのかどうか、双体道祖神が沢山ありますのでその辺はご期待ください。
個人的には上福万の積み石がとても印象深く感じました。

鳥取県西部のサイノカミ 福万の双体道祖神

上福万 水神横双体道祖神

積み石が圧巻。
なんやかんや一番好き。
鳥取県西部のサイノカミ 尾高前市 木野山神社の双体道祖神

尾高前市 木野山神社双体道祖神×2

バックネットの奥。
ひっそりとした小ぶりの神社に大小2基の双体道祖神があります。
見ごたえあり。
鳥取県西部のサイノカミ 石州府 中原神社の双体道祖神

石州府 中原神社双体道祖神

庚申さんもあるヨ!
全部見る ▼
鳥取県西部のサイノカミ 下郷神社の双体道祖神と自然石

下郷
下郷神社の双体道祖神自然石

鳥取県西部のサイノカミ 日下神社の双体道祖神と自然石

日下
日下神社の双体道祖神自然石

鳥取県西部のサイノカミ 吉岡観音堂横の双体道祖神と幸神

吉岡
観音堂横の双体道祖神幸神

鳥取県西部のサイノカミ 蚊屋 中島神社の双体道祖神

蚊屋
中島神社の双体道祖神

鳥取県米子市中福万の下河原神社

中福万
下河原神社の自然石

鳥取県西部のサイノカミ 下泉神社の双体道祖神


下泉神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 新宮神社の双体道祖神

古豊千
新宮神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 上泉神社の双体道祖神


上泉神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 新印神社の石祠

新印
新印神社の石祠

鳥取県西部のサイノカミ 東千太神社の双体道祖神

古豊千
東千太神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 尾高上市 木野山神社の双体道祖神

尾高上市
黒住教横木野山神社の双体道祖神×3

鳥取県西部のサイノカミ 石田 木野山神社の双体道祖神

石田
木野山神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 蚊屋 高畑神社の双体道祖神

蚊屋
高畑神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 新印 多賀神社の石祠

新印
多賀神社の石祠

鳥取県西部のサイノカミ 島田神社の双体道祖神

高島
島田神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 赤井手 北野神社の双体道祖神

赤井手
北野神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 東八幡 八幡神社の榎の木

東八幡
八幡神社の榎の木

鳥取県西部のサイノカミ 熊党 高砂神社の自然石

熊党
高砂神社の自然石

鳥取県西部のサイノカミ 二本木 大畑神社の双体道祖神

二本木
大畑神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 二本木 箕薬師堂そばの双体道祖神

二本木
箕薬師堂そばの双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 河岡 御崎神社の双体道祖神と自然石

河岡
御崎神社の双体道祖神自然石

鳥取県西部のサイノカミ 浦木神社の大松

浦津
浦木神社の大松

鳥取県西部のサイノカミ 津末神社の自然石

浦津
津末神社の自然石

鳥取県西部のサイノカミ 新印 曹洞宗圓福寺の立石

新印
曹洞宗圓福寺の立石

鳥取県西部のサイノカミ 岡成神社の双体道祖神

岡成
岡成神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 水浜 公民館の双体道祖神

水浜
公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 今在家 稲荷神社のコガの木

今在家
稲荷神社のコガの木

鳥取県西部のサイノカミ 岡成神社の双体道祖神

新印
一部堂そばの荒神自然石

米子市淀江町

平成17年に米子市と合併した淀江町。
ここも日野川を境とした米子市東側ではないのか?
というツッコミはひとまず置いておいて、淀江町としてまとめさせていただきました。
ボリューム的な事情に加えて、何より淀江町の石造物文化が実に特徴的であることが大きな理由です。
試しに添付のサイノカミマップを見てみてください。
どこかの碁打ちが神の視点で石でも置いたかのように見えませんか?
私は淀江町をして、わりと真面目に結界都市と呼んでいたりします。

鳥取県西部のサイノカミ 西尾原荒神社の双体道祖神

西尾原荒神社双体道祖神×6

米子市内2番目の密集地。
ねずみ荒神もあるよ。
鳥取県西部のサイノカミ 福井のビルトイン道祖神

福井ビルトイン道祖神

略奪不能!
石垣で覆われた完全防備のサイノカミ。
鳥取県西部 亀甲神社のサイノカミ

亀甲神社サイノカミいろいろ

山陰両県でぶっちぎりのサイノカミ密集地。
男根からトラディショナルタイプまでバラエティもいろいろ。
全部見る ▼
鳥取県西部のサイノカミ 小波浜公民館の双体道祖神

小波浜
公民館の双体道祖神×3

鳥取県西部のサイノカミ 富繁公民館の双体道祖神

富繁
富繁公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 三輪神社の双体道祖神

小波上
三輪神社の石造物群

鳥取県西部のサイノカミ 中西尾 道端のビルトイン道祖神

中西尾
道端のビルトイン道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 天神垣神社の双体道祖神

福岡
天神垣神社の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 本宮神社の双体道祖神

本宮
本宮神社の双体道祖神×2

鳥取県西部のサイノカミ 中西尾公民館の双体道祖神

中西尾
中西尾公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 福平荒神社の双体道祖神

福平
福平荒神社の双体道祖神×4

鳥取県西部のサイノカミ 高井谷 天の真名井の双体道祖神

高井谷
天の真名井の双体道祖神×2

鳥取県西部のサイノカミ 上淀白鳳の丘の双体道祖神

福岡
上淀白鳳の丘の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 北尾 阿弥陀堂の双体道祖神

北尾
北尾阿弥陀堂の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 今津荒神社の双体道祖神

今津
今津荒神社の双体道祖神×2

鳥取県西部のサイノカミ 稲吉 湯口の泉の双体道祖神

稲吉
湯口の泉の双体道祖神×4

鳥取県西部のサイノカミ 稲吉 村中道端の双体道祖神

稲吉
村中道端の双体道祖神×2

鳥取県西部のサイノカミ 稲吉 上津守神社そば三ツ辻の双体道祖神

稲吉
上津守神社そば三ツ辻の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 中間公民館の双体道祖神

中間
中間公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 佐陀神社の石柱「二柱神」

佐陀
佐陀神社の石柱

鳥取県西部のサイノカミ 淀江第一区公民館の双体道祖神

淀江第一区公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江二区公民館の双体道祖神

淀江二区公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 吉祥院の双体道祖神

淀江二区吉祥院の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江二区個人宅の双体道祖神

淀江二区個人宅の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江四区公民館の双体道祖神

淀江四区公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江五区ノ二公民館の双体道祖神

淀江五区ノ二公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江六区稲荷神社の双体道祖神

淀江六区稲荷神社の双体道祖神×2

鳥取県西部のサイノカミ 淀江七区公民館の双体道祖神

淀江七区公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江八区やっかい坂の双体道祖神

淀江八区やっかい坂の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江九区公民館の双体道祖神

西原九区公民館の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江九区墓下の双体道祖神

西原九区墓下の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江九区橋のたもとの双体道祖神

西原九区橋横の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江十区公民館裏の双体道祖神

西原十区公民館裏の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江十区個人宅の双体道祖神

西原十区個人宅の双体道祖神

鳥取県西部のサイノカミ 淀江十一区浜公民館の双体道祖神

西原十一区浜公民館の双体道祖神

コラム.似ている図案をまとめてみよう

ある程度調査が進んでくると、今度は横のつながりが見えて来ます。
サイズだけでなく製作年代、彫込みの形状や所持品に至るまで、これまで実に様々な角度から統計や分析が試みられており、是非自分でもやってみたい!

そこで私が選んだテーマはズバリ類似の図案です。
ひとめで仲間だとわかるものから、やや苦しいものまで様々ではありますが、そこは何の後ろ盾も積み上げた名声もない一愛好家の気安さ。
インスピレーションに従ってどんどん集めていきましょう。

思った通り分布に偏りがあって面白いですよ。
それではどうぞ。

猫背タイプ

米子市尾高から二本木のあたりにかけて集中しており、

正面向きの立像
猫背
向かって右の男神が鉢を巻いている
▶◀こんなかんじの袖下が長い衣装

以上のような点が共通しています。

鳥取県西部のサイノカミ 二本木 箕薬師堂そばの双体道祖神 二本木
箕薬師堂そばの双体道祖神
鳥取県西部のサイノカミ 石田 木野山神社の双体道祖神 石田
木野山神社の双体道祖神
鳥取県西部のサイノカミ 尾高前市 木野山神社の双体道祖神 尾高前市
木野山神社の双体道祖神
鳥取県西部のサイノカミ 中間公民館の双体道祖神 中間公民館の双体道祖神
鳥取県西部のサイノカミ 日下神社の双体道祖神 日下神社の双体道祖神

烏帽子タイプ

きっかけは忘れもしない、西尾原荒神社のユルい双体道祖神でした。
もし本当にユルくて自由な気持ちで掘り進めたなら、アクセサリとして神楽鈴は選ばない。
そんな着想から
モデルがあるのではないか?
と、手持ちの写真をすべて見比べてみたところ出てくるわ出てくるわ…

そしてそれどころか、類型の中には鳥取県内で確認されている最古の双体道祖神である尾高上市の依り代が含まれているという由緒の正しさ。
まことに恐るべし、ユルい双体道祖神!

因みに重要な手がかりであった三角の装飾がいったい何なのか?
修験道の装束である兜巾であるとか、非常食のはんぺんであるとかいろいろと真剣に悩みましたが、無難に烏帽子であろうという事にしました。

向かって右の男神、頭に三角の装飾
正面向きの立像
男神が笏を所持
女神の髪型が切りっぱなしのボブ

といったかんじの特徴が共通しています。

西尾原荒神社の双体道祖神
西尾原の荒神社
西尾原荒神社の双体道祖神
西尾原の荒神社
小波上 三輪神社の双体道祖神
小波上 三輪神社
今津荒神社の双体道祖神
今津の荒神社
鳥取県西部のサイノカミ 稲吉 湯口の泉の双体道祖神
稲吉 湯口の泉 左上
稲吉 村中道端の双体道祖神
稲吉 村中道端
亀甲神社の双体道祖神
亀甲神社
亀甲神社の双体道祖神
亀甲神社
尾高上市 黒住教よこ木野山さんの双体道祖神
尾高上市
淀江二区公民館の双体道祖神
淀江二区公民館
淀江四区公民館の双体道祖神
淀江四区公民館
鳥取県西部のサイノカミ 淀江六区 稲荷神社の双体道祖神
淀江六区 稲荷神社
淀江九区公民館の双体道祖神
淀江九区公民館

おだんごタイプ

これは参考資料でも触れてありますので、私の妄想や思い込みなんかではありません。

向かって左の女神、髪型がおだんご(双髻)
男神が笏を所持
彫込みの枠が宝珠型
ほぼ座像

以上のような特徴が共通しています。

鳥取県西部のサイノカミ 新山 砥石池の双体道祖神
新山 砥石池
鳥取県西部のサイノカミ 上安曇 辻堂横の双体道祖神
上安曇 辻堂横
鳥取県西部のサイノカミ 豊田 新宮神社の双体道祖神
豊田 新宮神社 中央
鳥取県西部のサイノカミ 豊田 新宮神社の双体道祖神
豊田 新宮神社 右端
鳥取県西部のサイノカミ 豊田 新宮神社の双体道祖神
豊田 新宮神社 左端

猿田彦タイプ

取り敢えず数が多いのでまとめましたが、これは下記の特徴が共通しているだけであって、画風や女神のバリエーションが多く、親子関係というよりはテンプレートと言った方が適当かもしれません。

斜め向かい合わせの立像
向かって右の男神が鼻高の猿田彦命
猿田彦が佩刀して槍持ち

特に女神が鈍器のような大型の幣を担いでいる図案が印象的だったりします。

上泉神社の双体道祖神

上泉神社の双体道祖神
下郷神社の双体道祖神
下郷
下郷神社の双体道祖神
亀甲神社の双体道祖神
亀甲
亀甲神社の双体道祖神
尾高上市 黒住教横木野山さんの双体道祖神
尾高上市
黒住教横の双体道祖神
石州府 中原神社の双体道祖神
石州府
中原神社の双体道祖神
福井 中原神社の双体道祖神
福井
石垣のビルトイン道祖神

杖タイプ

特徴の項目だけを見ると心もとないような気もしますが、絵を見れば一目瞭然。
下絵が出回っていたのではないかと思う程そっくりです。

斜め向かい合わせの立像
向かって右の男神が杖をついている

そのうち東千太神社の依り代は現在破損していて、わずかにその面影をしのぶことが出来る程度。

鳥取県西部のサイノカミ 古豊千 東千太神社の双体道祖神 古豊千
東千太神社の双体道祖神
鳥取県西部のサイノカミ 高島 島田神社の双体道祖神 高島
島田神社双体道祖神
鳥取県西部のサイノカミ 久古双体道祖神 久古の双体道祖神 Now half written…

淀江タイプ

淀江町淀江で特に多くみられ、近隣にも点在する。

正面向きの立像
貴人のような姿

ディテールが失われるとコーラ瓶のようなシルエットになるのも特徴です。

「淀江のサイノカミ」では彫刻方法に着目し、伯耆型Ⅰ、伯耆型Ⅱ、淀江型という分類を提唱していますが、それらとは全く関係ありません。

上福万 水神横の双体道祖神
上福万 水神の横
湯口の泉の双体道祖神
稲吉 湯口の泉
淀江二区公民館の双体道祖神
淀江二区公民館
淀江二区吉祥院の双体道祖神
淀江二区吉祥院
淀江二区個人宅の双体道祖神
淀江二区個人宅
淀江七区公民館の双体道祖神
淀江七区公民館
淀江 九区橋横の双体道祖神
西原九区橋横
淀江 十区公民館裏の双体道祖神
西原十区公民館裏
西原十区個人宅の双体道祖神
西原十区個人宅

岡成タイプ

男女神共に胸元が大きく開いた図案です。

向かい合わせの立像
総髪
男神が杖持ち
おっぱいポロリ

おっぱいポロリで有名な日本神話の女神といえば云う迄もなく天鈿女命ですね。
岡成神社の依り代が際立って美麗ですので、取り敢えず岡成タイプとしておきます。

鳥取県西部のサイノカミ 岡成神社の双体道祖神 岡成神社
鳥取県西部のサイノカミ 蚊屋 高畑神社の双体道祖神 蚊屋 高畑神社

墓下タイプ

男神が身分の高そうな見た目である事に対して、女神の見た目が…なんというか質素に見えるのが兎にも角にも印象的です。
シャーマンなんでしょうかね。
その他は、

斜め向かい合わせの立像

西原九区墓下の依り代が鮮明で、特徴がつかみやすいので便宜的に墓下タイプとします。

富繁公民館前の双体道祖神
富繁公民館
中西尾公民館前の双体道祖神
中西尾公民館前
上津守神社横の双体道祖神
稲吉上津守神社そば
淀江第一区公民館の双体道祖神
淀江第一区公民館
西原九区墓下の双体道祖神
西原九区墓下
西原十一区浜公民館の双体道祖神
西原十一区浜公民館

とても長くなってしまいすみませんでした。

ライフワークみたいなもんですので、調査が進むたびに記事更新しています。
またどうぞよろしく。

ご来場ありがとうございました。
もしよろしければ…

そのへんの広告をポチッとしていただけたらすごい励みになります!